Vオフィスでは、東京のバーチャルオフィスに関する役立つ情報を発信しております!
114view

バーチャルオフィスの選び方を3つのポイントで解説します!

バーチャルオフィスの選び方を3つのポイントで解説します!
こんにちは!

Vオフィス」の管理人です!

お昼の貴重な時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は10月21日(木)です!

当サイト(Vオフィス)は、東京にあるバーチャルオフィスの紹介や比較に特化したサイトです。

起業・独立して、これからバーチャルオフィスの利用を考えている方のお役に立てれば幸いです。

なお、バーチャルオフィスに関する用語についてはこちらをご覧ください。

はじめに


起業・独立して、バーチャルオフィスの利用を考えているという方が、最初に悩むのは、

数多くあるバーチャルオフィスの中から、

どのバーチャルオフィスを選ぶか?

という悩みです。

実際、Google検索してみると、数多くのバーチャルオフィスが検索されます。

そこで!

当記事では、バーチャルオフィスの選び方について説明します。

[目次]
バーチャルオフィスの選び方!
どこまでのサービス利用を考えているか?
料金に見合ったサービスか?
実績のあるバーチャルオフィスか?
バーチャルオフィスの選び方のまとめ!
バーチャルオフィスの選び方で悩んだら?
最後に


バーチャルオフィスの選び方!


以下、バーチャルオフィスの選び方となり、

大きくは、

▽バーチャルオフィスの選び方
どこまでのサービス利用を考えているか?
料金に見合ったサービスか?
実績のあるバーチャルオフィスか?

という3つの観点、ポイントがあります。

ということで、それぞれについて、次から詳しく説明します。


どこまでのサービス利用を考えているか?


バーチャルオフィスの選び方の1つ目は、

どこまでのサービス利用を考えているか?

という観点、ポイントです。

バーチャルオフィスの利用を考えている方の目的は、起業・独立する方(した方も含め)で、登記などで自宅以外の住所が必要な方です。

[ご参考]
バーチャルオフィスを利用する目的について解説します!

そのような中で、住所貸しの他にバーチャルオフィスが提供する様々なサービスの中で、どのようなサービスの利用を考えているかという点で選ぶ必要があります。

例えば、

住所貸しだけでよいのであれば、格安のバーチャルオフィスを選んだり、住所貸しに加え電話転送などのサービスも利用する場合は、住所貸しと電話転送がセットになったプランで格安のバーチャルオフィスを選んだりと、バーチャルオフィスによっても提供しているサービスや料金体系が違うため、利用するサービスによって選ぶことが必要になってきます。


料金に見合ったサービスか?


バーチャルオフィスの選び方の2つ目は、

料金に見合ったサービスか?

という観点、ポイントです。

バーチャルオフィスで自分が利用するサービスが決まったら、料金が安いバーチャルオフィスを選んでしまうと思いますが、料金が格安の場合、サービス内容に制限があり、制限を超えた場合は追加料金が発生することも多くあります。

例えば、

あるバーチャルオフィスの電話代行が格安と思っていると、月n回までといった制限がある場合があります。

これは、バーチャルオフィスが提供するサービス仕様となるため、どうすることもできませんが、安易に料金だけで決めるのではなく、サービス仕様も理解した上で決める必要があります。


実績のあるバーチャルオフィスか?


バーチャルオフィスの選び方の3つ目は、

実績のあるバーチャルオフィスか?

という観点、ポイントです。

これからバーチャルオフィスを利用しようと考えている方にとって、バーチャルオフィスを検討する機会は、一生に一回あるかないかの機会だと思います。

そのような中で、

数多くあるバーチャルオフィスの中で、どのバーチャルオフィスが実績のあるバーチャルオフィスか?がわからないというのが正直なところだと思います。

特に、バーチャルオフィスは怪しいと思われることも多々あり、なおさら、利用する場合は実績のあるバーチャルオフィスを利用したいと考えるのが普通です。

[ご参考]
バーチャルオフィスは怪しい?違法?本当なのかを解説します!

また、本当に怪しいバーチャルオフィスも世の中には存在している可能性もあります。

そのため、バーチャルオフィスを運営している会社の実績などから実績のあるバーチャルオフィスを選ぶことも必要です。


バーチャルオフィスの選び方のまとめ!


先で、バーチャルオフィスの選び方の観点、ポイントを大きく3つ説明しましたが、

これらをまとめると、

住所貸し+他のサービスをどうするか?

によって選び方は変わってきます。

そのため、

まずは、バーチャルオフィスが提供する主要なサービスを理解し、自分が利用するサービスを決めることが先決です。

そして、

その後に、自分が利用したいサービスを提供しているバーチャルオフィスを何社か選択し、料金とサービス仕様を睨めっこしながらバーチャルオフィスを選ぶというのが、現実的な選び方になります。


バーチャルオフィスの選び方で悩んだら?


ご参考までに、

バーチャルオフィスの選び方で悩んだら、下記の当サイトでおすすめするバーチャルオフィス5社を参考にしてみてください。

▽おすすめのバーチャルオフィス
レゾナンス
DMMバーチャルオフィス
ナレッジソサエティ
Karigo(カリゴ)
ワンストップビジネスセンター

主に東京のバーチャルオフィスとしておすすめしていますが、Karigoとワンストップビジネスセンターは、全国の主要都市にも対応しています。

[ご参考]
東京のバーチャルオフィスとしておすすめのサービス5社はこれだ!


最後に


今回、バーチャルオフィスを選ぶ際の観点、ポイントとして、

・どこまでのサービス利用を考えているか?
・料金に見合ったサービスか?
・実績のあるバーチャルオフィスか?

という3つの選び方について説明したとおり、

バーチャルオフィスのメインである住所貸し以外のサービスをどの程度利用するのか?によって変わってきます。

最後までご覧いただきありがとうございました!

>おすすめコンテンツ!
Vオフィス
東京のバーチャルオフィスとしておすすめのサービス5社はこれだ!
当サイト(Vオフィス)は、東京都内にあるバーチャルオフィスの紹介や比較に特化したサイトです。東京のバーチャルオフィスとしておすすめのサービス5社を紹介しています。起業・独立して、これからバーチャルオフィスの利用を考えている方のお役に立てれば幸いです。