Vオフィスでは、東京のおすすめするバーチャルオフィスをはじめ、バーチャルオフィスに関する役立つ情報を発信しています!
86view

バーチャルオフィスとレンタルオフィス、シェアオフィスとの違い!

バーチャルオフィスとレンタルオフィス、シェアオフィスとの違い!
こんにちは!

Vオフィス」の管理人です!

午前中からご覧いただきありがとうございます!

今日は、1月23日(日)です!

当サイト(Vオフィス)は、東京にあるバーチャルオフィスの紹介や比較に特化したサイトです。

起業・独立、副業などで、これからバーチャルオフィスの利用を考えている方のお役に立てれば幸いです。

なお、バーチャルオフィスに関する用語についてはこちらをご覧ください。

はじめに


これから起業・独立する方の中には、

オフィスはどうしようか?

と検討している方も多いと思います。

そのような中で、

バーチャルオフィスとレンタルオフィス、シェアオフィスとの違いがよくわからないという方もいると思います。

そこで!

当記事では、バーチャルオフィスとレンタルオフィス、シェアオフィスとの違いについて説明します。

[目次]
各オフィスの概要!
バーチャルオフィスとは?
レンタルオフィスとは?
シェアオフィスとは?
バーチャルオフィスとの違い!
作業場所の違い!
料金の違い!
法人登記の違い!
口座開設の違い!
創業融資の違い!
許認可の違い!
ご参考
最後に


各オフィスの概要!


まずは、

今回、比較する

▽比較対象
・バーチャルオフィス
・レンタルオフィス
・シェアオフィス

の概要について説明します。


バーチャルオフィスとは?


以下、バーチャルオフィスについてです。

▽バーチャルオフィスとは
バーチャルオフィス(Virtual Office)とは、その名のとおり、バーチャルオフィスを提供する会社から住所や電話番号を借りて、あたかも自分の会社のように振る舞い、事業を行うことができるサービスです。

バーチャルオフィスを利用する側としては、住所のみを借りるということもあり、事業を行う上での作業は、自宅などで行う必要があります。

[ご参考]
バーチャルオフィスとは?(怪しい?違法?本当なのかを解説します!)


レンタルオフィスとは?


以下、レンタルオフィスについてです。

▽レンタルオフィスとは
レンタルオフィスとは、1つのオフィススペース(実際の場所)を一つの法人または個人に提供するサービスです。

レンタルオフィスを利用する側としては、事業を行う上での作業は、借りているレンタルオフィスで行うことができます。


シェアオフィスとは?


以下、シェアオフィスについてです。

▽シェアオフィスとは
シェアオフィスとは、1つのオフィススペース(実際の場所)を複数人で共有して利用するオフィスを提供するサービスです。

シェアオフィスを利用する側としては、事業を行う上での作業は、借りているシェアオフィスで行うことができます。


バーチャルオフィスとの違い!


ここから本題です。

バーチャルオフィス、レンタルオフィス、シェアオフィスを提供する事業者によってもサービス内容は異なりますが、それぞれのオフィスの違いをまとめると、下表になります。

▽バーチャルオフィスとの違い
項目
バーチャル
オフィス
レンタル
オフィス
シェア
オフィス
作業場所
ない
ある
(専有)
ある
(共有)
料金
数千円~
(月額)
数万円~
(月額)
数万円~
(月額)
法人登記
可能
可能
可能
口座開設
可能
可能
可能
創業融資
可能
可能
可能
許認可
不可能
可能
不可能

ということで、

上表の項目を比較観点として、バーチャルオフィス、レンタルオフィス、シェアオフィスの違いについて、

次から詳しく説明します。


作業場所の違い!


各オフィスを比較する1つ目の観点は、作業場所についてです。

▽作業場所の違い
項目
バーチャル
オフィス
レンタル
オフィス
シェア
オフィス
作業場所
ない
ある
(専有)
ある
(共有)

バーチャルオフィス、レンタルオフィス、シェアオフィスの一番の違いは、この作業場所(作業スペース)があるかないかの違いです。

バーチャルオフィスは、住所のみを借りるということもあり、作業場所はないです。

一方のレンタルオフィス、シェアオフィスは、作業場所はあるものの、専有スペースか共有スペースかといった違いがあります。


料金の違い!


各オフィスを比較する2つ目の観点は、料金についてです。

▽料金の違い
項目
バーチャル
オフィス
レンタル
オフィス
シェア
オフィス
料金
数千円~
(月額)
数万円~
(月額)
数万円~
(月額)

バーチャルオフィス、レンタルオフィス、シェアオフィスの次の大きな違いは料金です。

バーチャルオフィスは、住所のみを借りるということもあり、作業場所がないため、大体、月額数千円から利用できます。

レンタルオフィスは、専有スペースということもあり、個室を借りることになるため、レンタルオフィスの広さにもよりますが、大体、月額数万円から数十万円で利用できます。

シェアオフィスは、一つの作業スペースを複数人で共有して利用するということもあり、レンタルオフィスよりは安く、大体、月額数万円から利用できます。


法人登記の違い!


各オフィスを比較する3つ目の観点は、法人登記についてです。

▽法人登記の違い
項目
バーチャル
オフィス
レンタル
オフィス
シェア
オフィス
法人登記
可能
可能
可能

バーチャルオフィス、レンタルオフィス、シェアオフィスを提供する事業者にもよりますが、それぞれ、借りた住所での法人登記は、基本的には可能なところが多いです。


口座開設の違い!


各オフィスを比較する4つ目の観点は、口座開設についてです。

▽口座開設の違い
項目
バーチャル
オフィス
レンタル
オフィス
シェア
オフィス
口座開設
可能
可能
可能

バーチャルオフィス、レンタルオフィス、シェアオフィスでの口座開設については、銀行などの金融機関によって違いはありますが、バーチャルオフィス、レンタルオフィス、シェアオフィスだからといって口座開設ができないことはないです。

[ご参考]
バーチャルオフィスでは銀行口座が開設できないというのは本当か?


創業融資の違い!


各オフィスを比較する5つ目の観点は、創業融資についてです。

▽創業融資の違い
項目
バーチャル
オフィス
レンタル
オフィス
シェア
オフィス
創業融資
可能
可能
可能

バーチャルオフィス、レンタルオフィス、シェアオフィスでの創業融資については、融資元によって違いはありますが、バーチャルオフィス、レンタルオフィス、シェアオフィスだからといって創業融資がで受けれないことはないです。

[ご参考]
バーチャルオフィスでは創業融資が受けにくいというのは本当か?


許認可の違い!


各オフィスを比較する6つ目の観点は、許認可についてです。

▽許認可の違い
項目
バーチャル
オフィス
レンタル
オフィス
シェア
オフィス
許認可
不可能
可能
不可能

許認可とは許認可制の事業を意味し、弁護士、司法書士、税理士といった士業や職業・人材紹介業などが該当します。

また、許認可制の事業では、オフィススペースがないと許可されないことがほとんどであり、バーチャルオフィス、シェアオフィスでは許可されないと考えておいた方が無難です。

レンタルオフィスについては、プライバシーが考慮されて専有スペース(個室)であれば、許可されることが多いです。

[ご参考]
バーチャルオフィスでは許認可制の事業は許可されないというのは本当か?


ご参考


ご参考までに、

当サイトでは、東京のバーチャルオフィスとしておすすめの6社をご紹介しています。

▽おすすめのバーチャルオフィス
レゾナンス
ユナイテッドオフィス
DMMバーチャルオフィス
ナレッジソサエティ
Karigo(カリゴ)
ワンストップビジネスセンター

そのような中で、バーチャルオフィス以外にも、

ナレッジソサエティは、レンタルオフィスとシェアオフィス、Karigo(カリゴ)は、レンタルオフィスも提供しています。

バーチャルオフィスだけではなく、レンタルオフィス、シェアオフィスも気になる方は、ナレッジソサエティ、Karigo(カリゴ)もご覧ください。

[ご参考]
東京のバーチャルオフィスおすすめ6社をまとめてご紹介します!


最後に


今回、バーチャルオフィスとレンタルオフィス、シェアオフィスとの違いについて、色々と説明しましたが、

事業を行う上での

・オフィスの必要性
・オフィスの利用目的
・オフィスの利用用途

によって、バーチャルオフィス、レンタルオフィス、シェアオフィスのどれが最適なのかが決まってくると思います。

いずれにせよ、

起業・独立する方は、十分に検討し最適なオフィスを選択していただけたらと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

>メインコンテンツ!
Vオフィス
東京のバーチャルオフィスおすすめ6社をまとめてご紹介します!
起業・独立する方や副業するの中には、バーチャルオフィスの利用を考えているという方も多いと思います。そのような中で、数多くあるバーチャルオフィスの中からどこのバーチャルオフィスがよいのかがわからない!という方も多いと思います。そこで!当サイト(Vオフィス)では、東京のバーチャルオフィスおすすめ6社をまとめてご紹介します!

>東京のバーチャルオフィス検索!
下記より、東京のバーチャルオフィス検索が検索できます!

▽東京のバーチャルオフィス検索

>おすすめコンテンツ!
Vオフィス
バーチャルオフィスが向いている業種・職種について解説します!
起業・独立する方や副業する方で、バーチャルオフィスの利用を考えているという方の中には、バーチャルオフィスは、「どんな業種や職種に向いているの?」という疑問を持っている方も多いと思います。やはり、具体的な業種や職種も参考にしたいですよね?そこで!当記事では、バーチャルオフィスが向いている業種・職種について説明します。
Vオフィス
バーチャルオフィスの選び方を5つのポイントで解説します!
起業・独立する方や副業する方で、「バーチャルオフィスの利用を考えている!」という方が、最初に悩むのは、数多くあるバーチャルオフィスの中から、「どのバーチャルオフィスを選ぶか?」という悩みです。実際、検索してみると、数多くのバーチャルオフィスが検索されます。そこで!当記事では、バーチャルオフィスの選び方について説明します。
Vオフィス
バーチャルオフィスの利用目的と理由について解説します!
起業・独立する方や副業するの中には、バーチャルオフィスの利用を考えているという方も多いと思います。そのような中で、他の人は、バーチャルオフィスを「どんな理由で利用しているの?」つまり、「バーチャルオフィスの利用目的は何?」という疑問を持つ方もいます。そこで!当記事では、バーチャルオフィスの利用目的と理由について説明します。
Vオフィス
バーチャルオフィスはどれくらい利用されているのか?(利用状況)
起業・独立する方や副業をする方の中には、「バーチャルオフィスの利用を考えている!」という方も多いと思います。そのような中で、バーチャルオフィスは、「どれくらい利用されているの?」という疑問もあると思います。そこで!当記事では、バーチャルオフィスはどれくらい利用されているのか?について、最近の動向を踏まえて説明します。
Vオフィス
バーチャルオフィスとは?(怪しい?違法?本当なのかを解説します!)
起業・独立する方や副業で住所が必要な方の中には、バーチャルオフィスってよく聞くけど、「怪しい?」「違法では?」という疑問を持っている方も多いと思います。最初に結論をいうと、バーチャルオフィスは、「れっきとしたサービス!」です。そこで!当記事では、バーチャルオフィスが怪しい?違法では?と思われている理由などについて説明します。