Vオフィスでは、東京のバーチャルオフィスに関する役立つ情報を発信しております!
166view

バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスを徹底解説します!

バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスを徹底解説します!
こんにちは!

Vオフィス」の管理人です!

お昼の貴重な時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は10月21日(木)です!

当サイト(Vオフィス)は、東京にあるバーチャルオフィスの紹介や比較に特化したサイトです。

起業・独立して、これからバーチャルオフィスの利用を考えている方のお役に立てれば幸いです。

なお、バーチャルオフィスに関する用語についてはこちらをご覧ください。

はじめに


起業・独立して、

これから、

バーチャルオフィスの利用を考えているという方の中には、

住所貸しサービスは何となくわかるけど?

具体的にはどんな仕組みなの?

と、疑問を持っている方も多いと思います。

そこで!

当記事では、バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスについて、利用するメリットやデメリットも踏まえて説明します。

[目次]
住所貸しサービスについて!
住所貸しサービスとは?
住所貸しサービスの具体例!
住所貸しのメリットとデメリット!
住所貸しサービスのメリット!
    1.直ぐに一等地の住所を利用できる!
    2.自宅の住所を使用しなくて済む!
    3.相手から信用される!
住所貸しサービスのデメリット!
    1.同じ住所を多くの事業主が利用している!
    2.サービス料金がかかる!
    3.相手から不信に思われる!
住所貸しサービスの対応状況!
最後に


住所貸しサービスについて!


以下、バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスについてです。


住所貸しサービスとは?


まずは、バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスそのものについて説明します。

バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスは、簡単にいうと、バーチャルオフィス店舗の住所をバーチャルオフィス利用者に貸してくれるというサービスであり、バーチャルオフィスのメインのサービスです。

住所貸しサービスの概要図

つまり、バーチャルオフィスを利用することで、バーチャルオフィス店舗の住所を使用する(名乗る)ことができるようになります。


住所貸しサービスの具体例!


次に、バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスの具体例を説明します。

例えば、

起業・独立したあなたが、バーチャルオフィス会社Aと契約し利用する場合、契約したバーチャルオフィス会社Aの店舗の住所をあなたの名刺などで、あたかも自分の会社の住所のように利用する(名乗る)ことができます。

具体的には、

[バーチャルオフィス会社Aの店舗住所]
・東京都中央区銀座1丁目◯番◯号 □□ビル
    ↓
[あなたの会社住所や屋号住所]
・東京都中央区銀座1丁目◯番◯号 □□ビル

というイメージです。


住所貸しのメリットとデメリット!


以下、バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスのメリットとデメリットについてです。


住所貸しサービスのメリット!


以下、バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスのメリットとなり、

大きくは、

1.直ぐに一等地の住所を利用できる!
2.自宅の住所を使用しなくて済む!
3.相手から信用される!

という3つあります。


1.直ぐに一等地の住所を利用できる!


バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスのメリットの1つ目は、

直ぐに一等地の住所を利用できる!

というメリットです。

例えば、東京のバーチャルオフィスであれば、銀座、渋谷といった一等地の住所を、起業・独立して直ぐに利用できるということが、バーチャルオフィスを利用する最大のメリットです。


2.自宅の住所を使用しなくて済む!


バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスのメリットの2つ目は、

自宅の住所を使用しなくて済む!

というメリットです。

バーチャルオフィスを利用しない場合は、起業・独立した際に、基本的には、起業・独立した人の自宅の住所で登記する必要があります。

しかし、バーチャルオフィスを利用することで、自宅の住所ではなく、バーチャルオフィスの住所で登記することができるため、自宅の住所を使用しなくて済むというメリットがあります。


3.相手から信用される!


バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスのメリットの3つ目は、

相手から信用される!

というメリットです。

先でも説明していますが、バーチャルオフィスを利用することで、バーチャルオフィスの店舗住所を利用することができるため、相手から信用されるというメリットがあります。

やはり、

例えば、◯◯◯マンション◯号室のような自宅住所よりは、それなりの場所のビル名が入った住所の方が信用度は高いです。


住所貸しサービスのデメリット!


以下、バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスのデメリットとなり、

大きくは、

1.同じ住所を多くの事業主が利用している!
2.サービス料金がかかる!
3.相手から不信に思われる!

という3つあります。


1.同じ住所を多くの事業主が利用している!


バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスのデメリットの1つ目は、

同じ住所を多くの事業主が利用している!

というデメリットです。

例えば、バーチャルオフィスの店舗住所で検索した場合など、同じ住所を多くの事業主が利用しているということもあり、検索結果に多くの起業・独立した事業主の住所が表示さてしまうというデメリットがあります。

※一部のバーチャルオフィスでは、このデメリットを回避するために、貸す住所や電話番号などをテキストではなく画像にするよう推進しているバーチャルオフィスもあります。


2.サービス料金がかかる!


バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスのデメリットの2つ目は、

サービス料金がかかる!

というデメリットです。

バーチャルオフィスサービスは、無料ではないため、最低でも住所貸しサービスの料金は毎月、かかってしまうというデメリットがあります。


3.相手から不信に思われる!


バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスのデメリットの3つ目は、

相手から不信に思われる!

というデメリットです。

先で、相手から信用されるというメリットを説明していますが、逆に、相手から不信に思われるというデメリットもあります。

やはり、起業・独立して直ぐに一等地の住所を利用できることや、バーチャルオフィス店舗住所で検索された場合など、相手から不信に思われる場合もあります。


住所貸しサービスの対応状況!


ご参考までに、

以下、当サイトでおすすめする東京のバーチャルオフィス5社の住所貸しサービスの対応状況となります。

バーチャルオフィス
対応状況
◯(対応)
◯(対応)

というか、バーチャルオフィスなので、住所貸しサービスに対応しているのは当たり前ですが、一応、記載しておきます...


最後に


今回、バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスについて、色々と説明したとおり、

起業・独立して直ぐに、一等地の住所を名乗ることができるという点が何よりのメリットです。

なお、

当サイトでおすすめする東京のバーチャルオフィスについては、下記をご覧ください!

[ご参考]
東京のバーチャルオフィスとしておすすめのサービス5社はこれだ!

最後までご覧いただきありがとうございました!

関連記事


以下、関連記事です。

バーチャルオフィスにおける電話転送サービスを徹底解説します!
バーチャルオフィスにおける電話代行サービスを徹底解説します!
バーチャルオフィスにおける郵送物転送サービスを徹底解説します!
バーチャルオフィスにおける貸会議室サービスを徹底解説します!

よろしければ、ぜひ!

>おすすめコンテンツ!
Vオフィス
東京のバーチャルオフィスとしておすすめのサービス5社はこれだ!
当サイト(Vオフィス)は、東京都内にあるバーチャルオフィスの紹介や比較に特化したサイトです。東京のバーチャルオフィスとしておすすめのサービス5社を紹介しています。起業・独立して、これからバーチャルオフィスの利用を考えている方のお役に立てれば幸いです。