Vオフィスでは、東京のバーチャルオフィスに関する役立つ情報を発信しております!
156view

バーチャルオフィスにおける電話代行サービスを徹底解説します!

バーチャルオフィスにおける電話代行サービスを徹底解説します!
こんにちは!

Vオフィス」の管理人です!

お昼の貴重な時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は10月21日(木)です!

当サイト(Vオフィス)は、東京にあるバーチャルオフィスの紹介や比較に特化したサイトです。

起業・独立して、これからバーチャルオフィスの利用を考えている方のお役に立てれば幸いです。

なお、バーチャルオフィスに関する用語についてはこちらをご覧ください。

はじめに


起業・独立して、

これから、

バーチャルオフィスの利用を考えているという方の中には、

電話代行サービスは何となくわかるけど?

具体的にはどんな仕組みなの?

と、疑問を持っている方も多いと思います。

そこで!

当記事では、バーチャルオフィスにおける電話代行サービスについて、利用するメリットやデメリットも踏まえて説明します。

[目次]
電話代行サービスについて!
電話代行サービスとは?
電話代行サービスの具体例!
電話代行のメリットとデメリット!
電話代行サービスのメリット!
    1.固定電話番号を名乗ることができる!
    2.必ず電話に出てくれる!
    3.相手から信用される!
電話代行サービスのデメリット!
    1.固定電話は受信のみで発信ができない!
    2.サービス料金がかかる!
    3.相手から不信に思われる!
電話代行サービスの対応状況!
最後に


電話代行サービスについて!


以下、バーチャルオフィスにおける電話代行サービスについてです。


電話代行サービスとは?


まずは、バーチャルオフィスにおける電話代行サービスそのものについて説明します。

バーチャルオフィスにおける電話代行サービスは、簡単にいうと、バーチャルオフィスの固定電話にかかってきた電話をバーチャルオフィスのオペレーターが応対してくれて、オペレーターがかかってきた電話の用件をバーチャルオフィス利用者に連絡してくれるとサービスです。

電話代行サービスの概要図

また、電話代行サービスは、電話秘書、電話秘書代行とも言われています。

電話代行サービスは、人(オペレーター)が応対してくれるということもあり、企業・独立して直ぐに信用を失いたくないという方には適したサービスです。


電話代行サービスの具体例!


次に、バーチャルオフィスにおける電話代行サービスの具体例を説明します。

例えば、

起業・独立したあなたが、バーチャルオフィス会社Aと契約し利用する場合、契約したバーチャルオフィス会社Aが提供する電話番号をあなたの名刺などで、あたかも自分の会社の電話番号ように利用する(名乗る)ことができます。

そして、その電話番号に顧客や取引先などから電話がかかってきた場合、バーチャルオフィス会社Aの人(オペレーター)が電話に出て、用件を聞いて、あなたに用件を連絡してくれます。

具体的には、

[バーチャルオフィス会社Aの電話番号]
・03-1234-5678
    ↓
[あなたの会社や屋号の電話番号]
・03-1234-5678
    ↓
・顧客や取引先が03-1234-5678に電話
    ↓
・バーチャルオフィス会社Aの人が応対
    ↓
・人(オペレーター)があなたに用件を連絡

というイメージです。


電話代行のメリットとデメリット!


以下、バーチャルオフィスにおける電話代行サービスのメリットとデメリットについてです。


電話代行サービスのメリット!


以下、バーチャルオフィスにおける電話代行サービスのメリットとなり、

大きくは、

1.固定電話番号を名乗ることができる!
2.必ず電話に出てくれる!
3.相手から信用される!

という3つあります。


1.固定電話番号を名乗ることができる!


バーチャルオフィスにおける電話代行サービスのメリットの1つ目は、

固定電話番号を名乗ることができる!

というメリットです。

スマホ、携帯電話の普及もあり、起業・独立したばかりの方の中には、固定電話を持っていないという方も多いと思いますが、バーチャルオフィスの電話代行サービスを利用することで、名刺などで固定電話番号を名乗ることができるというメリットがあります。


2.必ず電話に出てくれる!


バーチャルオフィスにおける電話代行サービスのメリットの2つ目は、

必ず電話に出てくれる!

というメリットです。

バーチャルオフィスの電話転送サービスは、あくまでも電話を転送するだけのサービスのため、転送先のあなたが電話出れないという場合もありますが、電話代行サービスの場合は、サービス時間帯であれば必ず電話に出てくれるというメリットがあります。


3.相手から信用される!


バーチャルオフィスにおける電話代行サービスのメリットの3つ目は、

相手から信用される!

というメリットです。

先でも説明していますが、バーチャルオフィスを利用することで、バーチャルオフィスの固定電話番号を利用することができ、かつ、オペレーターが電話に出てくれるということから、相手から信用されるというメリットがあります。

やはり、電話転送サービスよりは、電話代行サービスの方が電話する相手から見ると信用度は高いです。


電話代行サービスのデメリット!


以下、バーチャルオフィスにおける電話代行サービスのデメリットとなり、

大きくは、

1.固定電話は受信のみで発信ができない!
2.サービス料金がかかる!
3.相手から不信に思われる!

という3つあります。


1.固定電話は受信のみで発信ができない!


バーチャルオフィスにおける電話代行サービスのデメリットの1つ目は、

固定電話は受信のみで発信ができない!

というデメリットです。

バーチャルオフィスにおける電話転送サービスと同じように、電話代行サービスは、あくまでも受信でオペレーターが出てくれるというサービスであるのが一般的であり、バーチャルオフィスの固定電話番号からの発信はできないというデメリットがあります。


2.サービス料金がかかる!


バーチャルオフィスにおける電話代行サービスのデメリットの2つ目は、

サービス料金がかかる!

というデメリットです。

電話代行サービスは、電話転送サービスと同じように、オプションサービス扱いというバーチャルオフィスが多いため、電話代行サービスの料金がかかってしまうというデメリットがあります。

また、実際に人(オペレーター)が応対するということもあり、電話転送サービスより料金が高いというデメリットもあります。


3.相手から不信に思われる!


バーチャルオフィスにおける電話代行サービスのデメリットの3つ目は、

相手から不信に思われる!

というデメリットです。

先で、相手から信用されるというメリットを説明していますが、逆に、相手から不信に思われるというデメリットもあります。

これも電話転送サービスと同じように、頻繁に電話を利用する方の場合は、先でも説明しているように、基本的には、バーチャルオフィスの固定電話番号からの発信はできないため、いつも携帯からしか電話がかかってこないと相手から不信に思われる可能性があります。


電話代行サービスの対応状況!


ご参考までに、

以下、当サイトでおすすめする東京のバーチャルオフィス5社の電話代行サービスの対応状況となります。

バーチャルオフィス
対応状況
◯(対応)
◯(対応)

バーチャルオフィスの提供サービスにおいて電話代行サービスは、主要サービスの一つということもあり、対応しているバーチャルオフィスはそれなりにあります。


最後に


今回、バーチャルオフィスにおける電話代行サービスについて、色々と説明したとおり、

起業・独立して直ぐに、固定電話番号を名乗ることができ、かつ、人(オペレーター)が電話応対してくれるという点が何よりのメリットです。

なお、

当サイトでおすすめする東京のバーチャルオフィスについては、下記をご覧ください!

[ご参考]
東京のバーチャルオフィスとしておすすめのサービス5社はこれだ!

最後までご覧いただきありがとうございました!

関連記事


以下、関連記事です。

バーチャルオフィスにおける住所貸しサービスを徹底解説します!
バーチャルオフィスにおける電話転送サービスを徹底解説します!
バーチャルオフィスにおける郵送物転送サービスを徹底解説します!
バーチャルオフィスにおける貸会議室サービスを徹底解説します!

よろしければ、ぜひ!

>おすすめコンテンツ!
Vオフィス
東京のバーチャルオフィスとしておすすめのサービス5社はこれだ!
当サイト(Vオフィス)は、東京都内にあるバーチャルオフィスの紹介や比較に特化したサイトです。東京のバーチャルオフィスとしておすすめのサービス5社を紹介しています。起業・独立して、これからバーチャルオフィスの利用を考えている方のお役に立てれば幸いです。